007』、ギャング抗争であわや大惨事に

中米パナマで『007』最新作『Quantum of Solace』を撮影中のダニエル・クレイグ(Daniel Craig)らは、地元のギャング同士の銃撃戦に出くわしてしまい、危うく難を逃れたそうだ。

新たな抗争勃発に備えて、出演者やクルーを守るために武装警備隊が雇われたとのこと。

ボンド・シリーズの制作を手掛けるEONプロダクションの代理人は、「撮影続行を願っています。幸いにも関係者に怪我はありませんでした」と語っている。[Contact Music] 2/16/2008M・ナイト・シャマラン監督による『ハプニング』のトレイラー公開M・ナイト・シャマラン(M. Night…トム・クルーズのサイエントロジー説教ビデオがネットに流出サイエントロジーの教えを説くトム・クルーズ(Tom Cruise)の姿を撮影したビデオがインターネットに流出した。…ブリトニー・スピアーズの次男も入院緊急入院したブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)の自宅には二台の救急車が呼ばれており、スピアーズだけではなく2歳の息子ジェイデン・ジェイムズもCedars-Sinai医療センターに運び込まれたという。…ミシェル・ウィリアムズ、元婚約者ヒース・レジャーの死に悲嘆ミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)は、元婚約者のヒース・レジャー(Heath…TMZがヒース・レジャーの弔問会場から生中継TMZが、昨日ヒース・レジャー(Heath Ledger)の遺体が安置されたニューヨークのフランク・E・キャンベル・フューネラル・チャペル前からライブ・ストリーミングを行っている。本日ここで弔問が行われることになっている。…